常にEXPLORERで居たいと思ってます。


by arumi-okano
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

感情に手綱をかけることは可能か?

ひょんなことから「アンガーマネジメント」っつうものを知りました。

調べたけど、ここがうまく書いてるなと思ったのではっつけ。
でも、お仕事に使うってことなんだけど。
http://www.angertrends.com/angermanagement.html

昔の彼氏とケンカ中、よく言われた最終兵器言葉が『時間がもったいない』でした。
未熟者だった私はそれを言われて余計にキーー!!ってなったものですが、冷静に考えるとホントその通り。
人生の時間は決められている。
そんな大切な時間を怒りの感情に支配されていることは不毛だと。

ただね、人間だから感情が湧き出す事は自然で、当たり前のこと。
湧き出すのを抑える…つうのは無理なんです。そして不健全。

でも、その感情を飼いならすことは出来ると思うんです。

上記のサイトの文章を読むとわかりやすいと思うんですが、それを読んだ上で簡単にいうと、

・なぜ自分が怒るのか?
・何に対して怒りを感じるのか?
それを知った上で、

・では、その怒りをおさめるにはどうしたら良いか?
・また、そもそも怒りを回避するための手段はないのか?
ということを自分の中でシュミレーションしておき、感情が出てきた際に冷静にその方法に自分を誘導してあげること

なんだと思います(違ってたらごめんなさい)

多分ね、『冷静に』ちゅうのがキーポイントなんだと思うの。

感情的になって怒ってる時に冷静になるなんて、そりゃあ無理。
だから平常時に冷静に自分自身を客観的に見つめて、想像でシュミレーションしておくと良いかなって思います。

怒りの回避はとっさには出来にくいかも知れないけど、「あ、私ムカついてる」と思ったら、「ごめんなさい、感情的になって議論しても得る物はお互いにないと思うので、少し席を外します」という風に持っていくつうのが一つの手段なのかな。
(ただコレは人によって異なるとは思うのだけど)
ぽつーーんと残された相手は更に怒るかもしれないけど、時間が経てば相手も冷静になって考えてくれるかもしれない。
いや、この場合は相手はどうでもよく(笑・良い意味でどうでもよく)まず自分にピントを絞って自分の感情をコントロールすることが極論で言うと相手にも良いことなんだと思うの。

感情と言うのは共鳴していくと思うので、トーンアップもトーンダウンも絡み合ってるような気がします。
その視点でいうと、やっぱり自分の怒りをコントロールできるのは、人間関係においてとても有効な技なのではないかな?


ま、自分の怒りも全部コントロールできてるか?っていうと、まだまだ修行はたりませんが、20歳の頃の自分に比べると、何倍も落ち着いた私がおりますです、はい。
[PR]
by arumi-okano | 2008-10-22 23:34 | 思考日記