常にEXPLORERで居たいと思ってます。


by arumi-okano
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:大好きなあなたへ( 2 )

おもかげ

大好きで、途中離れたことはあっても、いつもいつも心では傍にいた、そんな彼が居ます。

その彼はもう会えない所に居るんですが、最近とあるCMを見るたびに、心が締め付けられます。

それは、ソフトバンクのCM。

目つきの悪いペルシャネコの姿かたちが、マイLOVEパールにそっくり!!なのです。

いや、好きすぎて、目がおかしくなってるからパールに見えるのかもしれない(汗)

とにかくアレ見るたびにきゅぅっとなるので、私は恋でもしてるんか?と錯覚に陥るほどです(笑)


そんな私みたいな猫好きにはたまらないであろう映画が、秋に公開されます。

『グーグーだって猫である』

これまた大好きな漫画家、大島弓子原作。

キャストも結構豪華、監督もあの!犬童監督となれば、見に行きたいことこの上ないのですが、果たして今の私に映画館に行く時間はあるのだろうか?といった感じです。

うーん、DVDまで待つかなぁ。。

猫だけに限らず、こちらから愛して愛して、でも一方通行気味だった恋はいつまでたっても面影が離れません。
心残りがあるからだろうなと思う反面、それ位でも良いのかもしれませんね。

だってずっと忘れずに居れるからね。
それは苦しくもあり、でも贅沢な感情なのかもしれないなぁ、と、三十路を過ぎた私は思ったり。

しかし、ソフトバンクの白猫ちゃんズは可愛いぞ。
[PR]
by arumi-okano | 2008-06-22 00:08 | 大好きなあなたへ

安らかに

実家の猫が亡くなった。
16歳だったので、老衰といえるだろう。

白いペルシャ猫のパール。
大好きだった。

思い出はたくさんある。
でも、案外たくさんとも言えないかもしれない。

どの瞬間も好きだった。
今も大好き。
これからも大好きなまま。

昨日は実家に帰って、遺体とお別れしてきた。

とても綺麗で、ただ寝てるだけなんじゃないかと間違う位、命ある時の姿に近い。
でも、真っ白いパールの耳と肉球はいつもピンクだったのに、そこも白くなっていて、冷たく硬い体になっている。
魂はもう、ここにはないのだなぁと思った。

ありがとう、と頭を撫でた。
ペット霊園でお骨にしてもらうため、母とパールは霊園のお迎えの車に乗った。
私は行かなかった。

いずれ骨になったパールを見ると思う。
でも、ずっとあのふわふわで真っ白で柔らかくて綺麗なパールを覚えていたい。
パールに体臭はなかったけれど、横たわっている時に、そっと顔をよせると涼やかな良い匂いがした。
高くない鼻の上の所の毛を撫でた時の感触。大好きだった。

私は、今、号泣している。
死んだと聞いたときより、遺体に対面したときより、最後にお別れしたときより、今、号泣している。

この文章を書くことで、実感してしまったのだろう。
もう会えない、パールを。

人は、その死を受け入れた時に、本当のお別れをする。
受け入れなければ、その死はお別れではないのだ。
ずっと、自分の中で生き続ける。リアルに。
[PR]
by arumi-okano | 2007-04-16 20:54 | 大好きなあなたへ