常にEXPLORERで居たいと思ってます。


by arumi-okano
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

私は中丸派。

昔から一番人気には惹かれない。
なんかちょっとずれているらしい。

キムタクには興味がなかったし、反町竹之内両氏は顔が濃すぎて駄目だった。

唯一平成御三家と言われた織田裕二は好きだったな。
でも、カンチの時の彼よりも、「彼女が水着に着替えたら」のちょっとシャイなあんちくしょうの彼が好き。

V6では岡田君の顔というよりも、中身(読書家の所とかね)が好き。顔も美しいとは思うけども。

基本的にジャニーズよりも、ロバートの秋山竜次の方に目が行ったり。
(秋山竜次をなぜ好きかというと、きっとうちの弟に少しパーツが似てるからだと思われる。見慣れてるからなんだろなと分析してみた)

カツーンには最初全く興味がない、むしろ嫌いだったのに、最近はすこーーしだけ良いかも?とおもっている。
(嵐は昔は松潤が大嫌いだったのに、最近気になるグループ。ジャニーズではグループとして一番好きかも)

でも例によって、カツーンの両巨頭には全く興味がなく、むしろあまり好みの顔ではないよのぅと思ってしまう。
冷たい感じがしちゃうのだな。

よって、私はだれのためにカツーンに目が行くようになったのか?
それはタイトルの通り。

中丸君によってです。

ただ、下の名前は知らないし、誕生日も知らないし、ファンとはいえないとおもうのだけど。

TVで中丸君が出てたら、心の中で応援してます。

それでよいのだと思う。

きっとずっと世間的にみて、中丸君ポジションの人に惹かれていくんであろうなと思ったりします。

以上、丘乃あるみの独り言でした(笑)
[PR]
# by arumi-okano | 2007-06-01 15:28 | 思考日記

腐女子

どのレベルが腐女子かわかんないけど、とりあえず昔の私は腐女子だったように思う。

この本を買ってみた。となりの801ちゃん。
http://www.ohzora.co.jp/sp/801/

内容に同感する所いっぱい。
(キャラクターは一緒ではないけど、対する思いや反応など、懐かしい自分を客観的に見た感じ?)

好きなものに夢中になってる時って、世界が輝いているよね…。
素晴らしい。。。

私はオタクの人って結構好きなんだけど、こういう「何かに夢中になる感覚」を知ってる所が大きいと思う。
スポーツに夢中もありだけど、体を使っての夢中と脳内のみの夢中ってちょっと違うような。

他にも腐女子関係のブログとかまわってみてると、やっぱり面白い。


私も夢中なものをまた作りたいものよのぅ。と思う。

最近、ホルモンバランスのせいで、集中力というものが著しく欠如しておりましたのよ。
(病気ではないので、ご心配はいりませぬ)
小説も読めないし(文字から情景を想像するのはかなり集中力いりまっせ)何事に対しても、短時間で終わるものしか楽しめない。すぐに息抜きを要求するのね、体が。
後、何かを作るという部分、表現したい、という感情が少なくなってました。
ホルモンとは面白い。

昔、旧丘乃日記で書いたけど、恋愛感情はホルモンに支配されているのですが、人間の全ての感情もホルモンバランスに関係しているのよね。
そうなると、「心の問題」は「ホルモンの問題」になってくる。
感情の切り替えがうまい人って、自分でホルモンのバランスを調整しやすい人なのかもしれませんな。

閑話休題。

久しぶりに、イラストを描いてみたくなりました。
こりゃ、良いことだと思う。

ということで、ペンタブレットを引っ張りだしました。
少女漫画ちっくなイラストしか書けませんが、楽しもうと思います。

そうそう、お勧め漫画があるので、良かったら読んでみてください。

おおきく振りかぶって
http://www.oofuri.com/
現在、アニメとして放送されておりますが、原作を先に読んでほしいな、と。

超お勧めです。
大好き。

でもアマゾンかなんかの人のレビュー読んでたら、途中からテニプリ意識で展開がそっちにいった・・・との書き込みがあり、憤慨してみたり。そんなこたーないと思うな。
テニプリはどうかはしりませんが、作者は決して意識などして作品を作ったりしてないと思う。

…妄想腐女子が、そっちへ妄想してしまうのが原因なのです(笑)

本が売れるかどうかに大きく関わる801妄想(古くはキャプ翼・聖闘士星矢が代表例←古すぎる?)

ま、ちゃんと現実を現実として受け止める能力があるなら、妄想は楽しいのですよ。

人生のハリ(笑)として、これから年をとっても「すきなもんはすき」と言い続けて、行動し続けていきたいと思う所存でございます。
最後は所信演説チックになりましたが、これにて(笑)
[PR]
# by arumi-okano | 2007-05-31 12:07 | 日常日記

月光

B'zの曲に、「月光」というのがある。
名曲です。

http://www.utamap.com/showkasi.php?surl=35365

聞いていると、目の前に情景が見える。
好きになる曲はそんな曲。

でも、目の前に情景が見えるのは、似たような経験をしたか、TVなどで似たような映像を見たことがあるからかもしれない。
同じような場面を思い出し、その時の感情を情景と結びつける。

当たり障りの無い誰もがみるような情景を書き出しているだけでは、そこいらの歌詞のように埋もれてしまう。
色んな人が見ている情景で、でも気がつきにくいようなちょっとした部分。
これを見つけるの、マッキーは天才的だったのですよ。

稲葉さんも最近の曲では、情景を思い起こさせる歌詞は中々書いておりませぬ。
(昔書いた「もう一度キスしたかった」「TIME」なんかはせつな過ぎる。他にも名曲がわんさか)
どうなんだろう?意図的になんだろうか?

書けないのか、書かないのか?
それは本人にしかわかんない。

でもやってることは仕事では顕著に反映されるので、本人の意思だと思う。

いろんな意味から、色んなことは経験した方が良い作品が生み出されるのだろうな。
(情景だけなら、いろんな映画みるのでも良いだろう)

ということで、遠くに旅に出たい病が発病してたりします。
ギリシャ行きたい、ギリシャ。

・・・なんか纏まりがないですが(^^;

とりあえず、今日はこれくらいで。
[PR]
# by arumi-okano | 2007-05-29 17:19 | 思考日記

お誕生日おめでとう

ひっそりと、マッキーのお誕生日を祝ってみる。

38歳になったのね。
おおぅ。私が38歳になった時、どう思うんやろうか?

毎日関西で朝にやってる「なるとも」という番組では、その日誕生日の有名人を紹介するコーナーがあるんやけど、それもしっかりチェック。マッキーも紹介されてた☆
そしたら、5月18日は「ことばの日(518)」ということも言ってて。
ちょっと無理やり感が否めないゴロあわせだけど(そうでもない?)言葉の日生まれって、彼にぴったりだなと思いました。

んで、今日は言葉について少し。

昔書いてた日記でも、何度か書いたけど、「言葉」というもの。
新約聖書で『初めに言(ことば)があった。言は神と共にあった。言は神であった』
とある。

人間は昔、言葉というものを持っていなかった。
それまでは気持ちをどうやって相手に伝えていたんだろうか?
ジェスチャー?テレパシー?
手段はよくわからないけど、こういう文章があるということは、言葉が出来てから意思の疎通が出来、そのため言葉を神と同義化してるんだ、と思ってた。前はね。

でも今回、色々調べてみるうちに、そうでもないのかも・・・と思い始めた。

参考URL
http://blog.livedoor.jp/dankogai/archives/50704750.html
http://blogs.yahoo.co.jp/sensuiartbrain/6369929.html
http://musai.blog.ocn.ne.jp/jijimusai/2006/12/post_e27a.html

他にも、多数。

聖書の言葉も、日本語訳で「言葉」としているだけであって、ギリシャ語では「思想」とか「理念」を意味するらしい。
ふむ。

私の持論に「言葉(単語)というのは難しく、各々が自分の中に辞書を持っていて、それぞれ少しずつ意味が違っている」というのがある。
だから同じ言葉を書いてるのに、意味のニュアンスが違ったり、逆もしかり。
だからこそ言葉でわかりあうってことの難しさを痛感している。

うん。
もしかしたら、無理じゃね?わかりあうのって。

メールや文章では、どうやってもニュアンスは伝わらない。
また、違う辞書を持ち合わせている人同士は、理解できない。

上の考えは、考えることを放棄したとか、投げやりになっていっているのではなく、それが真実なんじゃないかなーと思いはじめてるのですな。
頑張れば頑張るほど、泥沼に嵌っていく。
解決策はない。
数学での10÷3は「3.333333333……」という答えのように、どこまでいっても平行線。
割り切れない、ってのが答え。
数学みたいに目に見えないから答えがあるようだけど、ないんじゃないだろうか?
わかりあえたら幸福だけど、わかりあえないっつうのもしょうがないが一つの答え。

ことわざって沢山の人が使い続けてある種の真理があるものだけが残っていると思うのだけど、その一つに

『沈黙は金 雄弁は銀』

というのがある。
この言葉も色んな意味に取れるけど、ほんとそうなんじゃないかな~。

マッキーは今、裁判で争っている。
裁判ちゅうのは、判決である種の答えが出る。
今回のように、答えが出にくく、色んな誹謗中傷・意見が飛び交う事件にも、ある「答え」は必ずる。
世の中には、答えがないと許せない人も存在しているので、その人たちのために争っているのではないかなと思いました。

争いたくないけど、争うことで楽になる人が居るなら争うか。

そんな考えもできるよね。

言ったり書いたり発表したりしているのは、全て言葉である限り、読む人の受け取る角度で全然違ったものになる。

これが正しい、あれは間違っている。
それは自分の心の中、もしくはすぐに流れてしまう発する言葉に留めておいて、残るものであるものは書かないのが賢いのかも。

話が言葉というものに、寄り道しましたが、
マッキーお誕生日おめでとう。

過去も現在もそして未来も。
あなたにもらったもの、もらえるものは沢山あると思うので、これからもずっと歌っていって欲しいな。
[PR]
# by arumi-okano | 2007-05-18 12:35 | 思考日記

安らかに

実家の猫が亡くなった。
16歳だったので、老衰といえるだろう。

白いペルシャ猫のパール。
大好きだった。

思い出はたくさんある。
でも、案外たくさんとも言えないかもしれない。

どの瞬間も好きだった。
今も大好き。
これからも大好きなまま。

昨日は実家に帰って、遺体とお別れしてきた。

とても綺麗で、ただ寝てるだけなんじゃないかと間違う位、命ある時の姿に近い。
でも、真っ白いパールの耳と肉球はいつもピンクだったのに、そこも白くなっていて、冷たく硬い体になっている。
魂はもう、ここにはないのだなぁと思った。

ありがとう、と頭を撫でた。
ペット霊園でお骨にしてもらうため、母とパールは霊園のお迎えの車に乗った。
私は行かなかった。

いずれ骨になったパールを見ると思う。
でも、ずっとあのふわふわで真っ白で柔らかくて綺麗なパールを覚えていたい。
パールに体臭はなかったけれど、横たわっている時に、そっと顔をよせると涼やかな良い匂いがした。
高くない鼻の上の所の毛を撫でた時の感触。大好きだった。

私は、今、号泣している。
死んだと聞いたときより、遺体に対面したときより、最後にお別れしたときより、今、号泣している。

この文章を書くことで、実感してしまったのだろう。
もう会えない、パールを。

人は、その死を受け入れた時に、本当のお別れをする。
受け入れなければ、その死はお別れではないのだ。
ずっと、自分の中で生き続ける。リアルに。
[PR]
# by arumi-okano | 2007-04-16 20:54 | 大好きなあなたへ

ごはんですよ。

ご飯。本日は何を作ろう。。。

専業主婦になって以来、毎日毎日、ご飯のことばっかり考えております。
何を作るかのー?

お友達は「困ったときは鍋だ!」と言ってますが、うちは夫婦揃って、鍋が好きじゃない(笑)

困った。。。

とりあえず、溜まった食器を洗って、買出しに行かなきゃ食べるものがない。
買い物に行って、考えてみまする。
[PR]
# by arumi-okano | 2007-03-05 18:10 | 日常日記

やっぱり、好き

久々に、マッキーのアルバムを引っ張り出してきました。
「本日ハ晴天ナリ」
実はこのアルバム、発売当初はあんまり聞かなかった(笑)
白状しますと、「HOME SWEET HOME」とこのアルバム、そして初期2作品には弱いの。
曲をあんまり知らない・・・。
なぜならあんまりヘビロテしなかったので。。。

で、なーーーんか、急に「I got a friend.」ってどのアルバムだったっけなー。久々に聞いてみたいな、と思って、探したんです。
んで、「本日ハ晴天ナリ」をかけて、聞き始めた。

すると、めちゃくちゃ胸をきゅんとさせる、メロディラインが。
え、これなんだった?と確かめると、その曲は「縁」でした。

昔から思ってるけど、素晴らしい作品ってのは、時間が経ってからまた触れると、昔とは違う印象を与えてくれる。
好きな曲でも、違う部分に感動したりね。

藤本ひとみのコバルト作品もそうだけど、後から気づくそのすごさ。

魅力的なものって、そんな感じなのでしょうなー。

でも、一度聞いて、アルバムはまたしまわれました(笑)
ヘビロテにしても良かったんだけど、ね。なんだかね。

神様こんな縁を僕にくれてありがとう
ただいまの心境にあってるところがまた良いです。
[PR]
# by arumi-okano | 2007-02-09 11:05 | 幸福日記

毎日の様子。

はっと気がつくと、もう1月22日。
2007年が始まってかなり経ちますね。
その間、更新せずにごめんなさい。

生来のA型気質だと思うのですが、なんでも始めると完璧を目指してしまう。
てか、全部出来ないと、嫌なのね。
で、出来てから発表!とか無謀なことを考えてしまうのですよ。

掃除とかもそうなんだけど、大雑把に出来ずに、細かいところばっかり先にやるもんだから、途中で力尽きてしまう。たいがいそうなる。

いやね、先日ね、HPを改装してやるぅ~~!!と意気込んだんですよ。
全然更新してないページを整理しつつ、まだ作成してない創作のページを作って・・・とかね。
ただ困ったことに、マシンが変わった&元のマシンは何回も初期化&ホームページビルダーがにゃい!(前のPCには簡易版がプレインストールされていたのですよ)

一番困ったのが、更新の際に必要なパスワードが紛失してて、どこにやったのさ、あ~た・・・状態。

どうやっても出てこないし、思いつくままに入れてみても、全然駄目で。
最後の手段に登録したメールアドレスを入れて、パスワードの再発行を試みました。
あ、その前に、サイトでスペースを借りてるレンタルサーバー自体がマイナーで、かなり探しにくかったってのも、ヒットポイントを削られた要因だったりします。
んが、今まで取得したであろう全メールアドレスを入れても、
「このメールアドレスは存在しません」
って出やがる。

うきゃーーーーーー!にゃ~~~~~~!!!!!

最終手段で、サポートにメールしてみました。
これが、1月3日の出来事。

で、返信を待ちました、あたし。
ずーーーと、待ちました、あたし。
その間、何もしておりません。

今考えると、このブログは書けるだろ!なんだけど。
嫌なんですね、なんか。
HPをどうにかしてから、書きたいわけですよ。

メールが一週間来なかったので、もう一回書いてみることにしました。
で、メールを送信して、もう一度色々やっていると、あることに気がつきました。

・・・・・・・・・・・サポートメール、私が借りてるレンタルサーバーではなく、関連サーバーの方にメールしている!!!

うぎゃあ~~~~!!

なんのこたーない、そりゃ返事もこないよ、って話で、ちゃんとした所に昔のメルアド入力すると、ちゃんとパスワードが送られてきました。

この時点で、もう本日のヒットポイント半分以下です。

でもパスワードを手に入れたことだし、FTPをDLして解凍。
接続して、ページをダウンロードしようとしました。
ホームページビルダーがなくとも、簡単なタグなら打てるので、ちょこっとだけ操作しようと思って。

んが。
ダウンロード、できやしない!!
接続はできるのに、ページをダウンロードしてくれないうちに勝手に切断されちゃう!

むみゃーーーーー!

憤慨の擬音のオンパレード。
(しかし全般的に自分のせいなんですが・・・)

FTPはあきらめ、レンタルサーバーのファイルマネージャーは動いてくれたので、それを使って(初めてでもどうにかなりますな)各リンクだけ外し、文言を書き換えて、TOPページは変更されましたとさ。

はい、その日のヒットポイント0です。
しゅ~りょ~~~
という声が聞こえたかわかりませんが、その後何もせず、本日にいたる。
FMは書いてたんですが、こちらまで手が回りませんでした。

こんな私ですが、本年もよろしくお願いします(笑)

HPはちょこちょこ変えるか、もしくはやはり慣れたFTPでアップロードしたいので、移転するかも。その際はよろしゅうに☆
[PR]
# by arumi-okano | 2007-01-22 22:56 | 日常日記

大好きな人のその後。

本日もお休み。
現在、有給消化中で、週に2日はお休みをいただいているあるみです。
でも体調も絶好調!とはいかないので、外にお出かけもせず、ネットで色々調べてたり、遊んでいたりします。

タイトルの「大好きな人」は、恋愛関係を含めない「大好き」です。

あるアーティストのファンサイトに訪れるようになって、そっから人生がガラリと変わったのですが、そのアーティスト繋がりがなかったら、きっと一生出会わなかっただろう、という人がたくさんいます。

彼はそんな人の一人。

出会った時はまだ大学生でした。
今思えば、旦那さんと同じ大学に通っていたので、同じキャンパスにいたんだろうなー、すれ違ったこともあるかもしれないんだな、と不思議に思います。縁って不思議ね。
初めてあった時に「美しい水をたたえた瞳を持つ」方だなぁと思っておりました。

その人が書く文章も好きで。
(その人が書いた、とわかる文は好きです。匂いというかなんというか一種のリズムが確立されているものは読んでいて心地よいです)
私も文章や日記を書いていたので、詩をいただいたり、文章をいただいたり、何を貰うよりも、一番嬉しかったのでした(って、私はお相手にあまり送れなかったなぁと後悔しきりなのですが・・・)

本日久しぶりにその方のサイトを訪れたのですが、日記を読んでてさらに驚き。
きっと彼と私は同じような仕事をしているに違いない・・・と。

とりあえず、仕事近況を書くと携帯電話ゲームの企画をしていまして、先日アプリが2作品、世に出ました。(版権問題とかで「これです!」と大きく言えないのですが、詳細知りたい方は直接私にメールくださいまし)

ゲーム会社に勤めた、ということは知ってましたが、知らない間に携帯部門に移動していたのねーとびっくりしました。
会社の描写があり、「あーうちといっしょだなぁ」と思ったりしました。

機会があれば、また色々お話したいなと思います。
PCのメルアドが使えなくなってる、ということのですので、もしもここを見てたらメールくださると嬉しいな。

多分名前書かなくてもわかってくれると思いますので、良かったら。
時間が経っててもOKなので、よろしくお願いします~。
[PR]
# by arumi-okano | 2006-12-05 16:37 | 思考日記

入籍いたしました。

ここを読んでくれてる皆様はすでにご存知かもしれませんが、
先月入籍いたしました。

会社では現在3分間スピーチなるものを昼休み後に行っているのですが、
そこで発表した際に、コーヒーを飲んでたある方が驚いて吹く、という事態が起こり
(旦那さんも同じ会社で、しかも付き合ってたことさえ秘密にしてましたから←社内恋愛の鉄則)
きっとこれから続くであろう社内の3分間スピーチの伝説になるのではないかしら?
と密かに思っております。
あはははは(乾いた笑い)

会社は忙しく、夫婦ともども平日は帰るのが12時過ぎてからというおっとろしいことは嫌なので、今年中に退職する予定でおります。
(その他、理由はあるのですが・・・)

本日は体調不良のためお休みをいただき、
ひさびさにネットの世界をうろついてたのですが、
やはり一番面白いのが昔の自分日記。
一番暇だった書いてた自分の日記は懐かしさもあいまって、げっつ面白い。

私は私の文章が大好きです。
しゃべりがあまり上手くないので(聞くのは得意だけど)
ゆっくり推敲しながらかける“文章”は好きです。

声に出して読んでも違和感がない、一種のリズムを持った文章を書く、ということを第一目標においております。

時間ができたら、華麗なる復活を遂げたいものよのう・・・と思っておりますので、
またお暇なら遊びに来てやってください。
来年以降がよろしいと思いますが(爆)

そりではでは。

ps.東京行きたかった・・・にゃむ(謎)
[PR]
# by arumi-okano | 2006-11-30 16:09 | 出来事日記