常にEXPLORERで居たいと思ってます。


by arumi-okano
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

旅の果て

先日、大好きなお友達のお父様が亡くなられて、お葬式にいってきました。
その日も今日と同じ生憎の雨。
でも、ありがたかったことに、お休みの日だったので、参列することが出来ました。

生前お会いしたことは無かったけど、最後に会えて良かったです。
でも、生きてる時にあいたかったな、と残念に思う位、優しい空気に包まれた不思議なお葬式でした。

参加してる人皆が、寂しそうだけど、温かい気持ちで参列していたと思うのです。
義理で参加しているのではなく、心から別れを惜しんで、そしてご家族はもちろん、亡くなられたお父様自身もそこに来てくれたみんなに感謝してるのが感じられるお葬式だったように思います。

私は「空気を読む」「空気を感じる」ということにとても敏感で、なんとなくのオーラをまともに受けてしまうのですね。
空気が淀んでいる所には行きたくないし、重たい空気を持っている人は苦手です。
いやおうなしに、「共有」しやすいから。
人が悲しんでると悲しくなるし、明るく楽しくしてると、楽しくなる。
人間って多かれ少なかれ、そういう所があると思うのですが、人よりも敏感なんじゃないかな?と思うのです。

そのお葬式は、暗い部分はなく、純粋にもうあえないというのが悲しくて、でも「ありがとう」が充満してて。
「良い」という形容詞をお葬式につけるのは、どうかなとも思うのですが、清々しい良いお葬式でした。

お父様もあそこにいらしたんじゃないかな。。

祖父が死んだ時、お通夜では感じてた「気」が、お葬式ではなくなった、と感じました。
それと似たような感覚で、お父様は居てたんじゃないかなーと思ったのですよ。

肉体は魂を守る鎧であり、足枷。
そこから放たれたら、どこにでもいけるけど寂しいほど自由で孤独。
他の人と手を繋ぐ事が出来ず、言葉を交わすことが出来ない。
でも、気持ちは繋げるのではないかなと思っています。

お父様に「大事にしたってな」と言われた気がしました。

彼女は人を大事にしてるので、人から大事にされるけど、自分で自分を大事にしないから、とても心配。私や周りの人がもっと大事にせなあかんのかもなー。
中々連絡しなくて悪いのだけど。。

死ぬときに、その人の人生の価値がわかると私は思っています。
人に心底居なくなって悲しいと思ってもらうこと。
そう思ってくれる人を、作れたというので、計れるんじゃないかなと思うんです。

お母様がお父様の棺にすがり付いて「ありがとう」を連呼していました。

伴侶にそう言ってもらうのが、一番正しくて難しいんじゃないかなと思います。
それを目指して頑張りたいと思います。

旅の果てに、綺麗な涙と、ありがとうがあるように。
[PR]
# by arumi-okano | 2006-07-24 01:32 | 思考日記
書くことを忘れてしまった私。

なんて面白くないんだろう、と思ったりします。

「書こうと思えばかけるねん」
なんて開き直りはしないです。

ピアノ習ってた人や、踊りを踊ってた人なんかだとわかってくれると思うのだけど、
続けていたことをサボると勘を取り戻すのに恐ろしい時間がかかるのですよね。

私が「毎日書かなきゃ気持ち悪い!」とまで言ってた時期の日記って、稚拙だけど、
「私らしい」熱があって、読んでて本当にエネルギーをもらえるというか、
中々素敵な場所だったよなぁってすごく思います(自画自賛は嫌いだけど、そう思うのであえて書きます)

2003~2004年位は、すごく好きな日記がちょこちょことあるの。

でも、今は中々思ってること、感じてることを赤裸々に書けないので、
そこが売りだった私の日記は、「書く」意義が薄れてしまったというか・・・。

こうなれば「裏丘乃日記」作るか・・・。
(って、本当はすでに存在するんですが、こちらもぜーーーーーんぜん更新してにゃい)

まったく別の私を作って、だーーーれも知らない人の中で生活していくのも
ありかもしれない。うん。

しかし、それをするにも時間がないのですよね。

久しぶりに日記を書いたのに、内容がなくてごめんなさい。

では、また。
[PR]
# by arumi-okano | 2006-07-13 00:47 | 思考日記

書くこと 

日記を久しぶりに書いております。

日記を書きたい。吐き出したい。
想いを人に知ってもらいたい。

そんな衝動はあるの。
ずっと。

でも、中々難しくてね。


本日も貧血気味で、早く寝ないとと思いつつ、「書きたい」と急に思いました。


とても書きたい気持ちはあるのだけど、
ここをきっといつか見ると思うので、書けないのですね。


ただ、それは私の「書くこと」から外れてて。
でも、相手を想うと書けない。

難しいね。

現在も過去も未来も、すべて手に入れたいと思うのはとっても我侭で罰当たりなことだろうか?
努力して努力して、手に入るのは「現在」のみ。

過去はどうしても手に入れることができない。

それはどうしようもないの?

ただ、過去を手に入れたいと思うのは、現在をも手に入れてないと思うからなのかなっておもったりします。

がるるるるる。

わかりませんが、ほんまにいいかげんえー時間なので、寝ます。
[PR]
# by arumi-okano | 2006-05-17 02:32 | 思考日記

夢見るように眠りたい

何も考えず、ただただぼーーーーーーーーーーっとしたい。
眠りたいです。ほんま。

追いかけられてて、ゴールが見えなくて、でももうちょっともうちょっとって自分をだましてやっている。そんな感じなのです。

で、体調が悪くなって、ネガティブ街道まっしぐら。

うむー。
しんどいです。

とりあえず、ゆっくりしたいなぁ。。。
[PR]
# by arumi-okano | 2006-04-13 00:17 | 日常日記

お話

あるお話が、ふっと出てきました。
きっかけはちょっと暗い場所にあったんだけども。
でも出てきたお話は、それはそれは哀しいもので、
その二人の行く末を考えるだけで、涙が出ました。

落ちてきたそのお話が、形になればいいな。

失うことに鈍感にならないための、お話。
明日は未確定で、一秒先はどうなるかってことさえ、わかんないという想像力が
不安や大事なものを見失わない力を与えてくれるって、
そんなお話です。

あううう。
文章力が落ちてるのがわかるだけに、上手く表現できるか、
不安。。。
[PR]
# by arumi-okano | 2006-03-27 02:00

君は僕の宝物

君僕はワンフレーズがとても好き。

「神様ねぇ、もし僕が彼女と居ること、当たり前に思ったら、力いっぱいつねってください。幸せの意味を忘れぬように」

すごい境地だ。

当たり前を、当たり前に思わないってこと。
それは、自分の意識にかかっている。

常日頃、「日常」も日常のフリして実は変化している。

それこそ
「見ようとしないと見えてこない」

大切なものは目に見えないんだよ。

時間というのも目に見えないもので、
きっとすごく大切なもの。
ただし、心の時間は自分の気持ちしだいでどうとでもなる。

他人の心や感情は、どうにかするのは難しいけど、
まだ自分の心や感情はどうにかしやすい。

と、思っております。

ギブアップはどうしようもない、と自分が物事を投げた瞬間。
投げないなら、永遠に終わらないはず。

自分の中ではね。
まだギブはいわないもんね。
やれる所まで、やってみるのだ。
[PR]
# by arumi-okano | 2006-03-22 03:12 | 思考日記

かけら

あの場所に私は私を置いてきてしまった。

気が狂うほど、人を好きになったことがある。
狂ってると、客観的な自分が遠くから見つめてるのに、止まらなくて、泣き叫んで恋人を責めていた。
好きでどうしようもなかった。
ただその「好き」は執着という別の名前ももっていた。
縛られたかったら縛った。
ただそれだけのこと。

半身の身で生きている。
あの後はすべて、夢なんじゃないかって思う。
何かの拍子に目を閉じれば、10年前のあの一瞬に戻るんじゃないかって、そんな気がする。
あそこで私はまだ生きている。
閉じ込められて。
誰に?
自分の想いに。
あの人の涙に。

落ちておちて落ちて、
もうかけらしか残っていないかも。
そんな気も、するんだ。

戻りたいと思うけど、それは絶対叶わない。
誰のためにも。
戻ることは出来ない。
誰のためにも。
自分のためにも。
戻れないし、戻らない。
[PR]
# by arumi-okano | 2006-03-21 00:10

恋人

日記、誤ってけしちゃいました丘乃です、こんばんは。

書いてた日記を消してしまう、、、というのは、
きっとその日記は人様に見せるものではないということだ、と思う。

大体のことは思い出せるけど、すべてを思い出すことは難しい。。
久しぶりに、恋について語ってみたのですけれど。

ま、簡単にいうと、
私は恋人を愛しているなぁと思います。
ということだけだったり。

恋人の弱さを、守りたいと思うので、とても好きだなぁと思うのですよ。
守りたい、と私が思うのも、どうかなと思うんだけどね。

「ガラスのような君だった」
って柴じゅんの歌詞にあるんですけど、
外見とか少し話しただけじゃ、そうは思わないのに、
彼は「弱さ」を持っていて。
自分で「弱い」所は見せないし、言わないのに、
近づけば近づくほど、「弱さ」が見えて。
でもね、それを克服しようとしてるのですね。
「まけたくない」と真剣に思ってる。
もうそうすると、
「ぼくのみかた」のぼくの気持ちがとてもわかってしまったりですね、するわけですよ。
はい。

何はともあれ。

守りたい人を、守れる強さというものを、どうすれば持てるのか?と考えると、
結局自分が成長するしかなく。

頑張ろうかなと思う、この頃です。

守るという定義も、人それぞれなので、彼にあった守り方を会得したいと思います。
[PR]
# by arumi-okano | 2006-03-13 02:40 | 幸福日記

愛は増える

好き漫画、「サイファ」の言葉なのですけども。

愛はわけるんではなくて、増える、と。

100%をどの人に何%とかじゃなくてね、どんどこ増えていくわけですよ。
100%がたくさんね。

いや、100%まで愛しきれることもマレかもしれませんな。
「これ以上、やることはない。やれることはない」
そう思えるまで頑張れることはとっても幸せなことなのですよ、きっと。
その前に壊れてたり干上がる恋の多いこと多いこと。

こういう話をしているからといって、プライベートでお別れがやってきているわけではないので、あしからず(笑)

ただ、いつも心に思うのは謙虚でなければいかんな、と。
感謝を忘れないこと(忘れがちだけど・・・)
愛も恋も、勉強修行で、体験経験をつまねばこんな境地にはたどり着かないのかも。

後、人は幸せになるために生まれている。
そして、人を幸せにするためになんでもできる、ってこと。

そんなことを思っております。

更新滞ってて申し訳ありませぬ。。。
できるだけ頑張って更新・・・したいな。。。
[PR]
# by arumi-okano | 2006-03-07 01:36 | 思考日記

お仕事お仕事

今日は出社いたしました。
休日出勤でございー(泣)
仕事が遅いので、しょうがない。。。
みきょきょ。。。
でもとりあえず、自分の中で先週中にしておきたかったことができたので、よしとしましょう。

明日からやるべきこと、一杯。

はうー、ほんと、どうしようかなぁ。
今週中に終わらせるもの、今週に終わるのかしら?(弱気)

がふ。

健康だけは気をつけて、邁進したいと思います。

でも、親友の子供は無事生まれたし、そういう嬉しいこともあるので、頑張るでー!
未羽ちゃんと海斗君に幸あれ!

まとまってませんが、このへんで。
おやすみなさいー(子猫ちゃん、とつけたくなる私は、オザケンファンでした・笑)
[PR]
# by arumi-okano | 2006-01-15 23:37 | 日常日記