笑顔の行方

『幸せを思い描くとき、馬鹿馬鹿しくなるという』

マッキーの曲の歌詞に、こんなのがあって、はっとさせられたことがある。
自分の中には全くない思考回路なんだけど、こういう人もきっと世の中には居て、しかも馬鹿馬鹿しくなってしまった理由(原因)があるんだろうなって。

幸せは、自分が感じるもので、人からどんなに幸せだといわれようが、思われようが、不幸だって自分が思っちゃったら、そこで終わり。幸せとは程遠い場所に自ら進んでしまう。

ずっと笑ってたいと、すごく思う。
笑顔だけは、どんな状況でも、忘れないようにしたいなぁ。
人にも自分にも微笑めるように。
心からね。


幸せを思い描く時、笑えるように。
幸せな時に、その幸せの記憶を冷凍保存して、何かあった時に解凍する。
だから、笑える時、幸せな時は、思いっきりそれに浸ることが大事。

もしも笑顔をなくしちゃっても、幸せを思い出す。
そして。
記憶を使い果たしても、探しにいけるタフさは、失いたくない。
[PR]
by arumi-okano | 2005-11-20 02:28 | 幸福日記