「書く」ことを忘れてしまった私

書くことを忘れてしまった私。

なんて面白くないんだろう、と思ったりします。

「書こうと思えばかけるねん」
なんて開き直りはしないです。

ピアノ習ってた人や、踊りを踊ってた人なんかだとわかってくれると思うのだけど、
続けていたことをサボると勘を取り戻すのに恐ろしい時間がかかるのですよね。

私が「毎日書かなきゃ気持ち悪い!」とまで言ってた時期の日記って、稚拙だけど、
「私らしい」熱があって、読んでて本当にエネルギーをもらえるというか、
中々素敵な場所だったよなぁってすごく思います(自画自賛は嫌いだけど、そう思うのであえて書きます)

2003~2004年位は、すごく好きな日記がちょこちょことあるの。

でも、今は中々思ってること、感じてることを赤裸々に書けないので、
そこが売りだった私の日記は、「書く」意義が薄れてしまったというか・・・。

こうなれば「裏丘乃日記」作るか・・・。
(って、本当はすでに存在するんですが、こちらもぜーーーーーんぜん更新してにゃい)

まったく別の私を作って、だーーーれも知らない人の中で生活していくのも
ありかもしれない。うん。

しかし、それをするにも時間がないのですよね。

久しぶりに日記を書いたのに、内容がなくてごめんなさい。

では、また。
[PR]
by arumi-okano | 2006-07-13 00:47 | 思考日記