2005年 11月 27日 ( 1 )

優しい呪文

『100%正しいことは、この世の中にない』

昔辛いことがあった時に、たどり着いた優しい呪文。
自分のための呪文だった。

自分で自分を追い詰めてしまう時がある。
人に追い詰められるよりも、自分に追い詰められる。
自分の一番厳しい観客は、自分ってタイプの人。
自分を甘やかせる人には、この言葉は要らないんだろうなって思うの。

本当に、この世の中には様々な人が居る。
だからこそ、「人は人、自分は自分」

これも、角度を変えたら、優しい呪文。
突き放して見えるけど、そうじゃない。

相手の考えを認めれるかな?って思う。


他の人のことを考える。思いやる。
それは、『その人がそうしたいからやる』のであって、『人がそうしろって言ってるから』とは違う。
そういってしまえば、何かあった時に、人のせいにしてしまうから。


すべて自分の責任、と言い切ってしまうのも、問題かもしれない。

前提にあるのはいつも「100%正しいことはない」ってこと。

自分が思う。そう意見する。
それを実行するならば、他の人がそうしているのも認めないと、おかしいかなって思うの。

「色んな人がいるからね」
「そんな意見もあるよね」

ダークな気持ちで言うんじゃなく、反感の気持ちで言うんじゃなく。
あったかい気持ちで、そう伝える。


世の中の人が自分のことばっかり思ってたり、やってたりしたら、戦争はいつまでたっても終わらない。
人間は「善」か「悪」か?
極論では、何もならない。

君みたいな考えでも、良い。大丈夫。君は間違ってない。
でも。
他の意見を否定することだけは、しないで欲しい。
そう願います。
他の人の意見は。
苦しんで、たどり着いた真理かもしれないから。
そう大事にしているものを、否定するのは、間違ってるような気がするよ。
[PR]
by arumi-okano | 2005-11-27 21:55 | 出来事日記